CO2を生かす クリーンな燃料 実現探る

日立造船の柏工場(千葉県柏市)の一角に銀色に光る幾本もの金属の筒が並ぶ。二酸化炭素(CO2)と水素を反応させて都市ガスなどに利用できるメタンを作る「メタネーション」の技術を実証している現場だ。

CO2と水素を反応させてメタンを合成する=日立造船提供

CO2と水素を反応させてメタンを合成する=日立造船提供

筒の中にはニッケルを含む特殊な触媒があり、入り口から水素とCO2を通すと化学反応が起きる。出口からはメタンと水蒸気が出てくる仕組みだ。メタンは1時間当たり12.5立方メートル発生する。平均的な家庭の約10軒分の使用量に相当する。

原料の水素を得るために化石燃料を使えばCO2排出を抑制する効果はない。同社は大型の太陽光発電などの再生可能エネルギーや余剰電力で作った水素を活用する「CO2フリーメタン」の実現を目指している。

軽くて爆発も起こす水素は貯蔵や輸送に手間がかかる。メタンにすれば都市ガスで使っている既存のインフラをそのまま使える利点がある。泉屋宏一地球環境ビジネス開発推進室長は「早期に実用化し、温暖化防止に貢献したい」と力を込める。