万国博覧会

 

2018年11月23日、日本が万博開催地になるのか?!
この日に最終プレゼンがあり決定する。

残り40日に何が起きるかはわからないが、
ロシア、アゼルバイジャン、日本
いずれにせよ、2025年を境に世界は変わる。

その「変わる」を最善に予測させる国に開催地は決まる筈である。

世界の「何が」変わるかは実は2030年アジェンダを一つの着地点となる
国連:SDGs「持続可能な開発のための目標」(17の目標と169のターゲットである)

2025年の万博は多くの企業や団体が最大の広告・プレゼンの場であり、
世界を牽引出来うる存在感を強大にインパクを残し未来への生き残りをかけた、
いわゆる博打打ちの決定打になるのである。

なので毎日のように「2030年に向けて地球規模の社会的課題を解決できる」企業・団体・施策で
SDGsを前面に押し出しいるのだ。

ヨーロッパの勢いが下降線であるのを考えると、
元気な中国やアセアンのアジアにある日本は最有力であることは間違いない。
後、カギを握るのは安倍総理の世界に与える好影響がスムースである経済政策である。
目前まで油断は禁物。