万国博覧会が我々にもたらすもの、伝えるもの(その2)

2025年日本国際博覧会

大阪・関西万国博覧会は「いのち輝く未来社会のデザイン」とされている。

 

(その1)で述べたように、この2025年日本国際博覧会は、

SDGs:持続可能な開発目標2030年アジェンダを見据えたものである。しかるに大阪や関西、また日本だけが盛り上がっても何の価値もない。

 

SDGsには17の目標と169のターゲットがあるが、世界の150を超える国連加盟国がその目標を鑑み、其々の国が世界平和に向けたものに合わせた個別目標を明確に掲げ2030年に向けて共有していくものである。

 

例えば、2019年8月28日~30日・第7回アフリカ開発会議(TICAD)が横浜市で開催されます。これは1993年以降日本が主導し、アフリカ各国の経済成長の加速化、貧困の撲滅と世界経済への統合、平和の定着、持続可能な開発のための環境とエネルギーに関する国際協力などが話し合われ、一連の会議は東京で第1~3回、横浜で第4・5回、第6回はアフリカ(ケニア,ナイロビ)で国連、国連開発計画(UNDP),アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催・行動されています。

 

ここで是非紹介したいレポートがあります。
論考:TICADの変遷と世界——アフリカ開発における日本の役割を再考する——
著者:高橋基樹 出版者:日本貿易振興機構ジェトロ)アジア経済研究所

TICAD VIをめぐっては、ビジネスや中国との競争など国益に関心が集まったが、本旨のアフリカ開発についてはどのような議論が重ねられ、今後どう対応していくべきだろうか。日本の対アフリカ支援とTICADの議論は、両者の状況や世界の情勢に応じて変化してきた。1993年の第1回から10年後の第3回までの前半期には、アフリカ経済の低迷を受けて、アジアの経験の強調、貧困削減の重視などが掲げられた。また、日本の援助理念の到達点である人間の安全保障の観点からアフリカが抱える深刻な課題が取り上げられ、それを果たせない国家のあり方が問題にされた。他方、2008年の第4回以降はアフリカの高度成長とそれにより強まったアフリカ諸国の立場を反映し、これらの問題への注目度は低下し、経済成長や民間投資の促進が関心の的となった。しかし、依然として人間の安全保障とそのための国家の改革は開発の基盤である。中国との競争に走るよりも、戦略的棲み分けを模索すべきであり、工業化など、長期の視点から、アフリカの開発に資する支援に注力すべきである。

 

このテーマでは、様々で多くの課題を色々なチームや国が長年議論を重ね行動してきました。私もアフリカ開発会議に関するブログやレポートを読ませて頂いて、日本が果たす役割は非常に重要かつ慎重に持続可能な開発のための支援をすべきと思いました。

博覧会では、AIであったり、IoTであったり、先進国の未来ばかりを描くのではなく、アフリカのような開発途上国を置き去りにするような真似はしてほしくないですね。開発途上国が夢を語れ2030年に向けて進む伴走をしてください。

 

万国博覧会が我々にもたらすもの、伝えるもの(その1)

まずは、大阪万博が大阪或いは関西の活性をもたらすものと

思ったら駄目なんですよ。

そんな何も内容が決まらないうちからダメ出しをしても仕方ないのですが、

 

世界は未来を明るく築くために、2000年ミレニアムに

MDGsを2015年を目指して国連を主導に提唱した。

更に未達成や時代に即したテーマを2016年からSDGsとして

2030年を目標をとして17のテーマを掲げている。

 

2030年が来れば次は2050年を目指し世界規模で更なる厳しいハードルを設け

人類は次世代が夢ある未来を目指せることになるだろう。

 

万博はそのための、大きな世界の節目にならなければなりません。

テーマは様々ですが、「人類と自然の共生」が軸になる筈だ。

今、世界で起きている災害は人類がもたらした温暖化や森林汚染、海洋汚染が

自分たちの首を絞めている。

 

ぜひオリンピックで浮かれることなく一人一人の生きがいとしてとらえるべきである。

大阪万博とSDGs

「いのち輝く未来社会のデザイン」

2025年万博のテーマである。

このテーマには様々な思いや夢が詰まった、と言えば余りにも当たり前のコメントであるが、SDGs「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の5年前に開催されるため、この万博でいかにSDGsの17の目標が達成可能かが問われるということがポイントになってくる。

つまり万博を利用して広報活動をするために何とか参入したい企業や団体はSDGsへの取り組み具合と達成度をこの数年間で懸命に図るのである。

 

勿論SDGsについては万博等関係なく地道に研究や実践を行っている大学や企業は多い。

プラスチック海洋汚染問題、

地球温暖化問題、

子どもの貧困からジェンダー平等等々、

因みに我々もジェンダー、子どもの貧困、障がい者等係わりはある。

 

でも、やっている規模がとても小さい。

恥ずかしい限りである。

 

この万博は日本でいえば昭和から平成、平成から新元号への人類の発展が

幸福で未来ある日々を約束をしてもらうためのものである。

そう、誰が約束してくれるのか、ということ。

 

SDGsの目標達成は人類が人類であるためにとても重要なミッションである。

万博はそのために、欠かせない切り札にならなければならない。

 

考えてほしい。現在、自動運転電気自動車の話題がひとしきりである。

でも2025年には「空飛ぶ自動車」が登場しなければならない。

万博の上空だけでなく、少なくとも市街地で離着陸できれば夢があるのにな。

 

 

 

平成27年度日本の子どもの貧困

OECD経済協力開発機構)36か国の中でも日本の貧困率は上位である。

 

ポイントになるのは、就学援助を受けている中学生や高校生の割合も上昇しているのである。

子ども全体でみた1世帯人員の貧困率は15.6%である。しかしこれが大人1人世帯人員に対して貧困率は56.8%と急激に高まる。

ひとり親家庭(ほぼ母子家庭)は共働き世帯に比べてはるかに貧困率は高く、ひとり親世帯の40%は年収100万円未満という。

日本人が知らないんです、世界を。

確かに海外では児童労働問題や10代早婚問題等、子どもの貧困につながる問題を抱えているのは間違いないが、

ならば、日本は経済大国なのに貧困率が高いのか?

 

保育園に預けられた子どもの中には親が懸命に短時間労働を渡り歩き、会話する暇もないこともある。小学生になれば塾通いで子どもの世界に教育格差が生じやすい。

中学ではクラブで使う道具を購入できずに困っていることもある。高校進学には奨学金制度というものがある。地方自治体、財団法人、企業が設ける等様々だが、卒業後に返さなくていい奨学金と分割で返さないといけないのがある。

 

必ずやらなければならないのは教育無償化である。どのこどもたちにも未来があり、チャンスがあることを自覚してもらわなけれなならない。

それと無償の塾や民間クラブは必要なのである。

子ども食堂が悪いとも思わないが、採算は大変だ。しかし寺子屋のような子どもたちの居場所は必ず必要になる。

国連:貧困をなくそう

国連SDGs:持続可能な開発のための目標

目標1は、あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ。

という目標が掲げられている。

さらに各目標全体で1169のターゲットが設けられている。

 

「貧困」と聞くと、南米、アフリカ、東・中央アジア、後内戦が続く中東などのイメージが印象的ではないだろうか?

 

実際は日本という国の貧困は世界の中でも深刻なのである。

OECD(経済開発協力機構)36か国の中でも常に上位10位以内に入り、なおかつ上昇傾向であることを皆さんはご存じだろうか?

 

嘘?何故?そう思うと思います。

日本はアメリカ、中国に続く経済大国である。日々景気動向や人材不足を課題とされるもニュースなどを総合的に見れば豊かな国のイメージがある。しかし違う。

 

日本の実態は富裕層と貧困層の格差が激しく日本人7人に1人が貧困に喘いでいる。

これは相対的貧困率という、国の人口全体における所得(等価可処分所得)に対し各家庭の世帯人数で割って算出しているという複雑な(正式に説明すると長くなる)計算でOECDでもワースト1位を出した時期もある。

日本人は経済大国が故にひとりあたりのGDPも高いため、各家庭の収入が少ないことがさらに目立ってしまうのである。

 

話は元に戻って、SDGs目標1のタ-ゲット1.1は、2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。となっている。約139円である。日本の貧困大学生もこんな感じだろう。但しアルバイトしたり仕送りをもらったりだが、奨学金自己破産も大きな問題でもある。

しかし働いて、国によっては学校にも行かず児童労働を科してまで生き延びることができない諸外国の問題は根深い。

諸外国でも同じである。格差社会なのである。一部の富裕層に収入が集中し相対的貧困が生まれる。

日本は自国のことがありながら、ユニセフなどの活動で他国の人道支援をしている。

地球温暖化問題

折角、記事が出ていたので、触れてみることにする。

地球温暖化における脱炭素問題だ。

巷では様々な分野で温暖化問題に取り組んでいるのだが、

自然が待ってくれていないのが現状である。

 

それは人類が企業価値を高めるために、

環境問題を無視しているからである。

 

今年の災害は特に全国的だったので記憶に残る年となってしまうだろう。

いや、来年以降も自然災害は益々広がっていくような気がする。

 

酸性雨

どなたでも聞いたことがあるだろう。

今の災害は地球温暖化が要因だというコメントは毎日当たり前に聞かれるが、

日本の木造に欠かせない材木は一昔前は北米・アラスカなどの森林からの輸入で

しかも原木で上質なものだったが、

その木材価格が高騰し、加工木材になって輸入していたが、

それも高騰し、東南アジアの森林伐採でしかも加工材になってしまい、

日本の木材産業も一気に低迷してきた。

 

片や日本では酸性雨が原因で上質な木材が育つことが困難で、

また育てる人材の高齢化と継承問題で放棄地山林が増加している。

 

更に酸性雨は上質な土壌を汚染し土砂化している。

その影響で今までしっかりした木々の根元も土壌と分離していっている。

そんなことを議論しないといけない。

 

酸性雨や汚染雨が降らない環境課題に取り組んでいき、

土や森林や川を生き返らせることを考えていきたい。

使い捨てプラスチックの海洋汚染

 

皆さん、2018年の今年使い捨てプラスチックの海洋汚染問題対策の一環として

”G7海洋プラスチック憲章”が提唱されたのです。

G7ってわかりますよね。

アメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、ドイツ、フランス、日本ですよ。

今年の6月カナダ開催のG7でも海洋汚染の議論はされた。

 

ところがですよ。

アメリカ(トランプ大統領)と日本(安倍総理)はこの憲章に署名しなかったのですよよ。あーなんという恥。

皆さんご存知の通り、ゴミ袋、ペットボトル、買い物袋等々が海洋へ投げ出されマイクロミリ単位になったものが地球上の海に浮き、海流に乗って北極から南極まで海洋生物を汚染しているのです。

 

20181217230911

 この実態を日本の環境省は7月にレポートしている。

https://www.env.go.jp/council/03recycle/%E3%80%90%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%93%E3%80%91%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.pdf

日本は恐らく2019年に開催されるG20で新たな提言にのっかるつもりだろうが、なんとも情けない。

(以下、日本産業新聞より一部抜粋)

川や海の環境汚染を第一線で研究している東京農工大学の高田秀重教授に具体的にどのような影響が考えられるか?の問いに、

「プラスチックに含まれる有害な添加物を摂取することによる体内の異常だ。一例をあげれば、プラスチックの添加物に含まれるノルフェノールという化学物質はホルモン系をかく乱する性質をもつ。米国の研究例には、人の乳癌細胞の異常増殖を引き起こす恐れを指摘するものもある」・・・。

たったこれだけのコメントを聞いただけでも気が重くなる。

美しい霧に隠れた闇は凄く深いのだ。